2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
青木カレン/AOKI Karen
Key of Life

ジャズ・シンガー。
幼少から海外と日本を行き来し、慶応大学在学中本格的にアーティスト活動を開始。ジャズ専門TV番組のメインキャスト、ラジオのMCなども務める。2枚のアルバムがジャズ専門誌『ADLIB』の「アドリブアワード(クラブ/ダンス部門)」でアワードを受賞。2010年ベストドレッサー賞の新人部門であるベストデビュタント賞受賞。2011年10月からNHK Eテレ「3ヶ月トピック英会話 歌って発音マスター!~魅惑のスタンダード・ジャズ編~」に看板ディーバ役として出演。2012年夏、初のニューヨーク公演を成功させる。同年秋、フジテレビ系ドラマ「結婚しない」の挿入歌を担当。9月に発売された舘ひろしのアルバムにデュエット曲「銀座の恋の物語」が収録され、同年末には映画音楽の名曲をジャズ・アレンジしたラブ・ソング集、アルバム「トランキュリティ」をリリース。
2013年6月公開の映画「ガリレオ 真夏の方程式」の劇中歌を担当。同年秋、NHK土曜ドラマ「太陽の罠」の主題歌を担当。
2014年夏、上戸彩主演のフジテレビ系ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち」のメインテーマ曲を歌唱。
2015年1月に「Eternal Melody 」、10月に「LOST IN RIO」をリリース。
2016年9月にデビュー10周年を記念するアルバム「The Story of Karen Aoki -10th Anniversary Best」をリリース。
2016年秋より「ジョジョの奇妙な冒険 ダイアモンドは砕けない」のオープニングテーマを歌唱。

http://karenaoki.com
https://www.facebook.com/aoki.karen
https://twitter.com/Karen_Aoki





日別アーカイブ: 2014年12月12日

beautiful twin

去年のビッグバンドツアーでご一緒させて貰った素敵な双子
アンダーソン兄弟が来年の1月にアルフィーでライブをします。

片倉真由子トリオとともに、最新のNYサウンドを聴かせてくれると思いますので
ぜひアルフィーへ足を運んでくださいね。

2人は15歳の時から世界ツアーにでていて、
双子揃ってジュリアードを優秀な成績で卒業しています。

あのクインシーも絶賛する彼らの音色、
複雑でありながら絶妙に絡み合う2人のソロは必聴です。

彼らは普段からとっても仲が良くて、
移動中もずーっと2人で笑いながら話してました。

来年の1月16日は、アルフィーへぜひ♪

Peter & Will Anderson Quintet

Will Anderson – alto sax
Peter Anderson – tenor sax
片倉真由子 – piano
佐藤”ハチ”恭彦- bass
Gene Jackson – drums

2015年1月16日(金)@六本木 JAZZ HOUSE alfie
東京都港区六本木6-2-35 ハマ六本木ビル5F
03-3479-2037
¥4,000 (music charge)
http://homepage1.nifty.com/live/alfie/

Peter Anderson & Will Anderson 
ピーター·アンダーソン & ウィル·アンダーソン(サックス、クラリネット)

[PROFILE]
15歳若さにして、彼らはすでに伝統的なジャズ、スイング、およびビバップを演奏、英国ツアーを行う。ワシントンDC出身、彼らは、ジュリアード音楽院を卒業後、複数のグラミー賞を取得したレコーディングに参加。これまでにウィントン·マルサリス、ジミー·ヒース、ヴィレッジヴァンガード·オーケストラ、ワイクリフ·ゴードン、そしてニューヨークバレエと共演を行っている。

[批評]
「クラリネット、サックスの名手」
(NY Times)

「ピーターとウィル·アンダーソンとのデュオはニューヨークジャズシーンの中で最も魅力的なデュオの一つ。彼らは情熱、予測できない、新しいアドリブの発見や感覚で楽しむ。」
(All About Jazz)

「お前達は、未来だ!俺の魂を微笑ませた。78歳の元ビバッパーを、まるで狐がザワークラウトを食べてる時みたいに喜ばせた。」
(Quincy Jones)

「この2人は、その場を喜びで満ちあふれさせる」
(Seattle Times)

「彼らのサックスとクラリネットは、エレガントにまとまりあい、交じりあい、美しいカウンターポイント
(2つ以上のメロディーの音がが同時に存在する音楽スタイル)は心を惹きつける」
(The Washington Post)

「(ケニーバロンをフューチャーした彼らのデビューアルバムについて)このアルバムを聴くとジャズを好きになるだろう」
(ヴァニティフェア誌)

PeterAndWillAnderson.com
http://peterandwillanderson.com


カテゴリー: 未分類 |