2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
青木カレン/AOKI Karen
Key of Life

ジャズ・シンガー。
幼少から海外と日本を行き来し、慶応大学在学中本格的にアーティスト活動を開始。ジャズ専門TV番組のメインキャスト、ラジオのMCなども務める。2枚のアルバムがジャズ専門誌『ADLIB』の「アドリブアワード(クラブ/ダンス部門)」でアワードを受賞。2010年ベストドレッサー賞の新人部門であるベストデビュタント賞受賞。2011年10月からNHK Eテレ「3ヶ月トピック英会話 歌って発音マスター!~魅惑のスタンダード・ジャズ編~」に看板ディーバ役として出演。2012年夏、初のニューヨーク公演を成功させる。同年秋、フジテレビ系ドラマ「結婚しない」の挿入歌を担当。9月に発売された舘ひろしのアルバムにデュエット曲「銀座の恋の物語」が収録され、同年末には映画音楽の名曲をジャズ・アレンジしたラブ・ソング集、アルバム「トランキュリティ」をリリース。
2013年6月公開の映画「ガリレオ 真夏の方程式」の劇中歌を担当。同年秋、NHK土曜ドラマ「太陽の罠」の主題歌を担当。
2014年夏、上戸彩主演のフジテレビ系ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち」のメインテーマ曲を歌唱。
2015年1月に「Eternal Melody 」、10月に「LOST IN RIO」をリリース。
2016年9月にデビュー10周年を記念するアルバム「The Story of Karen Aoki -10th Anniversary Best」をリリース。
2016年秋より「ジョジョの奇妙な冒険 ダイアモンドは砕けない」のオープニングテーマを歌唱。

http://karenaoki.com
https://www.facebook.com/aoki.karen
https://twitter.com/Karen_Aoki





日別アーカイブ: 2014年12月24日

merry christmas

去年は軽井沢の教会ライブで過ごしたクリスマス。
今年はレコーディングをしながら過ごす事になりそうです。

気づけば、もう年の瀬ですね。
先週レンタル開始した新譜は、お陰さまでTSUTAYAの週間レンタルチャート
1位を頂きました。
応援ありがとうございます。

新譜を聴いて頂いた方はぜひ、感想をお聞かせ下さいね。

さて、
今日、アルバムに参加して貰ったギタリスト田辺さんと金君から
アルバムに向けて素敵なコメントを頂きましたのでご紹介させてください♪

まずは田辺さん!
「今回のアルバムにも幸運な事に参加させていただきました!毎回妥協しない作品作りにいつも頭が下がります。そんなカレンちゃんの今作、選曲からしてヤバイです!(笑)お洒落な人がお洒落なスタジオでレコーディングして洒落たアレンジでスタイリッシュにきめてます!聴きやすいにもほどがある!(笑)
時を選ばない、ずっと聴いていたくなる素敵なアルバムですよ!絶対おすすめです!是非!」

そして、金君!

「ニューアルバム発売おめでとうございます。今回、初めてカレンさんのCD制作に関わらせて頂いて、選曲からアレンジ、演奏、マスタリングまで共にお仕事をする事が出来ました。

選曲にあたっては、まず候補曲を選び出し、デモを録ってさらにそれを聴きながら曲を絞って行きました。選んでいる時は音楽鑑賞会もしくは勉強会みたいでとても楽しかったです(笑)。古いジャズスタンダードから今年出たマイケル・ジャクソンの新作までジャンルや世代を超えてカヴァーされてますので、従来のジャズヴォーカルアルバムを超えて沢山の方々に聴いて楽しんで頂けると思います。

演奏に関しては普段、僕がよく演奏するボサノバのスタイルで数曲アレンジ&演奏してみました。ボサノバやブラジル風の曲調とカレンさんの歌声は必ずマッチすると内心ずっと思ってましたので(笑)。
カレンさんの透き通る歌声とボサノバのリズムで、聴いている皆さんが爽やかな気持ちになって頂けたらと思います。

レコーディングではミュージシャンとスタッフの仕事の早さ、そして何よりもカレンさんの集中力の高さに学ぶことが多かったです。
Never Againでは何通りかのパターンや編成でレコーディングして、その中から最良な物が出来ました。ドラマには無かった2番目の歌詞も付け加えられていて、それを読みながら聴いて楽しむ事が出来ると思います。

そしてみんなの力を合わせて素晴らしいアルバムが作る事が出来ました。
とてもHappyなニューアルバム、ぜひ聴いて下さい。」

田辺さんの、大人で艶のある音色とスイングのグルーブ。
金君の、爽やかなアコースティックギターの音色とラテンのグルーブ。

それぞれ個性は違いますが、2人ともとても優しくて心地よい音色です。
ジェイコブのクリアな音色と相まって、アルバムに様々な色彩を与えてくれました。

ぜひ、2人のギターの音色にも注目しつつ、アルバムを聴いて下さいね。


カテゴリー: 未分類 |